メッセージ

内閣府特命担当大臣(こども政策 少子化対策 若者活躍 男女共同参画)加藤 鮎子

写真

 全国の妊婦さん、お母さん、ご家族のみなさまへ

 新たな命を授かり、出産に向けて、待ち遠しさを感じながら、お過ごしになっているかと存じます。
 また、出産をご経験され、新たにお母さんになられた方々、ご家族の皆さま、新たなご家族のご誕生を心からお慶び申し上げます。祝福に包まれた日々であることを願っております。
 さて、皆様にご案内のとおり、本年4月にこども政策を社会全体で総合的かつ強力に推進していくための包括的な基本法として、こども基本法が施行され、政府全体のこども関連政策の司令塔として、こども家庭庁が創設されるなど、こども政策を取り巻く環境は最近大きく変化しています。こども家庭庁は、「こどもまんなか」をスローガンに、すべてのこどもが健やかに育つ社会を目指し、産後間もない母子に寄り添う産後ケアの推進や母子保健のデジタル化など、こどもや子育て家庭の視点に立った政策を進めていくこととしております。
 ひまわりの会の「赤ちゃん目安箱」の活動は、妊婦さん方がアプリを介して、総理宛にご意見を伝えることができるという現場の声を生かした取組であり、今後、多くのアイディアが生まれて来ることを願っております。
 政府としては、これからも、すべてのこども・子育て世帯を切れ目なく支援し、安心して子育てができる社会の実現に向けて、全力を尽くしてまいります。
 皆様の健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

他のメッセージを読む

メッセージTOPへ